2016.05.25

新制度「Tech倶楽部」始動!

安川です
久々にブログを書きますが、今回は最近作られた制度「Tech倶楽部」について紹介します!

Tech倶楽部とは???

Tech倶楽部とは「技術力向上や新規事業の創出」を目的とした技術を愛してやまないエンジニアのための制度です。

では、どんな時にこの制度が役立つのか。。。

時に皆さん、、、

・業務ではこの言語を使っているけど、個人的に新しい言語を試すための開発環境欲しいなとか
・あのツール使ってみたいけど、今のプロジェクトでは使わないから稟議通らないし自費で買うには高いなとか
・ちょっと土日で新技術について勉強会開きたいけど、外部の場所借りるの高いなとか

自分のスキルアップのためではあるけど、今の業務に直接関係がないので費用も場所も都合がつきにくいということないですか?

トライフォートでも多くのエンジニアの方からそのような声が上がりました。

既存のエンジニア向けの制度で「技術に関する書籍の購入支援」などはありますが、さらに一歩踏み込んだ制度を!ということで作られたのが、

会社公認の倶楽部を作る「Tech倶楽部」という制度です。

Tech倶楽部ロゴ

Tech倶楽部制度のメリット

この倶楽部制度を使うとどんなメリットがあるのか、、、

  • 「メリットその1・・・倶楽部専用スペースの確保」
    • まず、オフィス内に倶楽部専用スペースを確保できます。部室ならぬ部席といった感じでしょうか笑
    • 何か倶楽部メンバーで集まって作業したいとか、倶楽部の荷物を管理しておきたいといったときに便利です
  • 「メリットその2・・・オフィスの休日利用」
    • 次に、休日にオフィスの利用ができます!
    • 平日だとまとまった時間確保できないので、休みの日に集中して活動したい!という倶楽部には嬉しい制度かと

そして一番嬉しいのがこれ!

  • 「メリットその3・・・活動費支援」
    • 倶楽部活動に必要なソフトやツール、機器やライセンスなどの購入を支援します!
    • もちろん稟議は必要ですが、活動に必要と認められた経費は業務に直接関係なくとも経費で購入が可能になります
  • 「メリットその4・・・懇親会支援」
    • 最後に、倶楽部を発足してメンバーで活動したら、そのメンバーの交流深めたいですよね?
    • そんなメンバーに3ヶ月に1度懇親会の費用を一部会社が負担しちゃいます!

な、なんて美味しい制度でしょ。。。(º﹃º)

Tech倶楽部制度の活動条件

では、どんな倶楽部であれば発足ができるのか?

– 将来的に新規事業になる可能性があるもの
– 技術的にチャレンジするべきと判断したもの
– 業務上必要となると想定されるスキル習得に貢献するもの

条件はこの3つの「どれかに1つでも」当てはまっていればOKです!

そして、倶楽部は1人から設立OKですし、正社員・業務委託・アルバイト関係なく参加できます。

また、倶楽部活動の結果もし会社が事業化した方が良いと判断すれば「新規事業」として承認される可能性もあります。

活動ルールとしては、倶楽部活動としての制度なので活動は業務時間外としていることと、倶楽部の掛け持ちは原則NG、

それと定期的な倶楽部の活動報告をお願いしていますが、それ以外は基本自由です!

Tech倶楽部制度の現状

まだ出来て日が浅い制度ではありますが、すでにいくつか倶楽部が発足しており第1弾倶楽部として発足したのが、

今なにかと話題の分野である「VR部」です!

「VR部」は早速制度を使い購入したVR用マシンやHTCが発売したviveなどが届き、倶楽部専用席がVR体験エリアと化しています笑

次回はそんなホットなVR倶楽部の部長である小笠原部長よりブログ上で活動報告をしてもらう予定です。

最後に、、、「Tech倶楽部」の由来

今後も続々と新しい倶楽部が立ち上がり、新しい技術や面白い技術があちこちで使われていき、いつしか皆さんが触るサービスの中で使われる日を今から楽しみにしています。

最後に、もうお気づきかもしれませんが、、、
「Tech倶楽部」という名前に込められた意味ですが、

Tech倶楽部→テックくらぶ→てっくらぶ→TechLove

技術を愛してやまないエンジニアへの制度にピッタリな名前の制度の紹介でした。

Tech倶楽部Tシャツ

トライフォートで働きませんか?

トライフォートで働きませんか?
弊社ではエンジニア、デザイナー、ディレクター、プランナーを随時募集しています。
ゲームやサービスが好きで、新しいことにチャレンジしたい、世界に強いインパクトを残したい、という人を探しています!
我こそは、という人は是非ご応募ください!